スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C01HW購入

楽天で「C01HW」を購入しました。

C01HW



イーモバイルのHTC Aria(S31HT)を使用しているのですが、通信が不安定すぎるので…。テザリングしてiPod touchを使っているのですが、AriaではテザリングモードになっているのにiPod touchではSSIDがヒットしない、なんてことが頻繁に起こっていました。ソフト的な問題はカスセンに送ってもその時に症状が出ないと修理してくれないんですよね(´・ω・`)

さて、C01HWはソフトバンクの製品ですが、イーモバイルのPocket Wi-Fi(D25HW)と同一のモデルらしいです。ファームウェアなどがソフトバンク仕様になっていますが、ハードウェアはSimフリーでWCDMA1700と2100をサポートしていて、全く同じなようです。

C01HWのお気に入り機能
・SSIDステルス…iPod touchなどでSSIDを検索しても表示させない

今回は通信の安定性向上を目的に購入を決意したのですが、D25HWよりC01HWの方が安かったという理由でこちらを購入しました。
結果としてかなり改善されたと思います。速度も上がったような気がします。時間帯による波が激しすぎるので、ベンチ結果だけでは判断しかねますが。



機能が詰まっているものはそれぞれの機能がおろそかであることがあります。テレビ搭載のパソコンより、テレビを買ったほうが、テレビ自体の性能は良いものが得られる、というのが良い例です。テレビはテレビの機能に特化して作ればよいですからね。

何が言いたいかというと、携帯にルータ機能を搭載するより、ルータを買った方がルータとしては品質が高いということです。技術が発展すればいずれ違いはなくなるかもしれません。電卓の発展が収束した現在、携帯に内蔵されている電卓も、普通の電卓も、大きな違いはないように。



自分のメモ

SimカードとはSubscriber Identity Module Cardの略で、通信会社がお客さんを識別するためのIDみたいなもの。

端末と基地局、基地局からインターネットへとつながるが、この時にその端末がどのプランで契約しているかがわかるので、安いプランの場合は速度が制限される。

同じSimカードでもプランを変更したり、LTEの導入などで速くなったりすることもおこりうる。ただし、その端末が通信規格に対応している必要があるので、例えばイーモバイルのPocket Wi-Fiを例にとると、D25HWは7.2Mbps、GP01は21Mbps、GP02は42Mbpsまでしか速度が出ないので、D25HWを持っている人はプランを変更しても新しい製品を買わないと速度はあがらない。(ただし、理論値の速度が出ることはまずないので、プランを変更することで速度が向上する場合もある。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。